モッズクリニック 限定窓ロ

モッズクリニックの
詳細情報はコチラ!


モッズクリニック



メイクアップのメリット:自分の顔立ちを普段より好きになれる。顔にたくさんある面皰・クスミ・毛穴・ソバカス・傷跡等が上手に隠れる。日を追うごとにかわいくなっていく楽しさや新鮮味。

明治末期、洋行帰りの女たちが、洋風の髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介した結果、これらを新しく表現する単語のひとつとして、美容がけわいという言葉に代わって使用されるようになったのだ。

美容整形をおこなう美容外科とは、要するに外科学の一種であり、医療を目的としている形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは別のものだ。加えて、整形外科とも勘違いされやすいのだがこれも全く異分野のものだ。

「デトックス」という言葉そのものはそんなに目新しくはないが、結局これは健康法や代替医療の一種として考えており、医師による「治療行為」とはわかっている人は思いの外少ないのである。

尚且つ、皮膚のたるみに大きく関係しているのが表情筋。喜怒哀楽の様々な表情を作っている顔にある筋肉です。真皮に存在するコラーゲンと同様、表情筋の機能も年齢を重ねるに従い低下するのです。

美容整形をおこなう美容外科というのは、正式には外科学の中の一分野であり、医療に主眼を置く形成外科学(plastic and reconstructive surgery)とは別種のものだ。また、整形外科とも間違われやすいのだがこれとは全く分野が異なっている。

日本の医療がQOL(quality of life)重視の風潮にあり、経済の成長と医療市場の急速な拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)はここ最近非常に人気のある医療分野だと考えられている。

現代社会を生きていく私たちには、人の体内には体に悪い影響を与える化学物質が増え、更には自分の体内でもフリーラジカルなどが次々と生成されていると言い伝えられている。

ホワイトニングは、メラニン色素の沈着が少ない、ワンランク上の白肌を目指すという美容の観念、又はこのような状態の皮ふのこと。主に顔面の肌について使われる言葉である。

肌の美白ブームは、90年辺りからじわじわと女子高生などに浸透したガングロなど、不自然なぐらい過度に日焼けするギャル文化への対抗とも取れるメッセージ性が内包されている。

身体中に存在するリンパ管と同じように走っている血液の流動が悪化すると、大切な栄養や酸素がうまく移送されず、結果として不要な脂肪を増やす誘因になるのです。

大方の場合慢性化するが、正確な手当のおかげで病気が管理された状態に維持できれば、自然に治ることも予期できる疾患だ。

健康な人間にも生じるむくみだが、これは浮腫んで当たり前。ことに女性は、脚のふくらはぎの浮腫を嫌がるが、二足歩行の人間なら、下半身が浮腫むということはいたって自然な状態なのでそこまで神経質になる必要はない。

身体に歪みが生じると、臓器同士が圧迫し合うため、つられて他の臓器も引っ張られて、位置の移動、内臓の変形、血液や細胞の組織液に加えてホルモンの分泌にもあまり望ましくない影響をもたらします。

多くの人たちが「デトックス」にのめりこむ最大の理由として考えられるのは、私たちが暮らしている環境が悪いことにある。空気や土壌は汚染され、穀類や野菜などの食物には作用の強い化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷり使用されていると言われているのだから無理もない。